2014/10/22

グレープフルーツのアロマオイル

最近、日本から持ってきたグレープフルーツのアロマオイルを持ち歩いていて
タオルハンカチに2滴くらい染み込ませて芳香浴をしたりします。
何ともさわやかな柑橘系の香りが気分をリフレッシュさせてくれるし
何よりもダイエットの効果もあるようなのでそれを期待して。

これを見たトルコ人のお友達たちがあーだこーだと盛り上がりました。

どういう効果があるの?
どうやって使うの?
どこで買った?
飲むこともできるの?

など。

そのうちの一人が隙をついて瓶を鼻に持っていって直接匂いを嗅いでしまいました。
最初は「柑橘の強い匂いだねー」なんて言ってた彼女。
数分後には「まだ匂いが鼻に残ってる!なんか頭が痛くなってきた。食欲がなくなったー!!」と。
ちょっと刺激が強すぎたみたいです。

トルコではたくさんの植物オイルが出回っていて、簡単に手に入るのですが
アロマの精油とはまた別の物。
こっちの植物オイルはキャリアオイルと精油がすでにブレンドされてるような感じなので
(詳しい製造方法は不明ですが・・・)、そのまま肌に付けてマッサージしたりお湯に入れて飲んだりできます。
なのでその感覚だったのかな。

逆に精油を売ってるお店はいまだに見たことがありません。
ネットショップはあったので手に入るけど、アロマテラピー自体はまだあまり普及してないようです。
というか、この植物オイルが広く普及してるおかげでアロマテラピーが入り込む余地はないのかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿