2014/04/15

スザニのクッションカバー

SUZANI(スザニ)とは中央アジア諸国(ウズベキスタン、タジキスタン、
カザフスタンなど)で作られる手刺繍を施した布のことです。
もともとは遊牧民女性の花嫁道具(ベッドカバー、礼拝用の布など)として
作られていました。

そのデザインには植物画などのボタニカル柄や太陽のシンボル柄などが
多く見られ、子孫繁栄や魔除けの意味なども込められています。

17世紀頃から作られはじめ、一度は廃れていきましたが
90年代以降、欧米での人気が高まり、再び多くのスザニが作られています。

Femmy Kilimでは、手織りのシルク地にシルクの刺繍糸で刺した
スザニのクッションカバーを取り扱っています。


オーソドックスなスザニとはまた違った、現代的で大人な雰囲気を持つ
クッションカバーもあります。






贅沢なシルクの光沢と手刺繍のあたたかみはズザニならでは。
とても美しく、うっとりと眺めてしまうほどです。

ぜひ、量産品にはないあたたかみを感じてください。


キリム雑貨とキリムの
Femmy Kilim

0 件のコメント:

コメントを投稿